雑貨の情報サイト zakkaya3
カントリー雑貨 西洋雑貨
■ハワイアン雑貨について解説しております♪

 sundry goods へようこそ♪ 雑貨に関するあらゆる情報をお届けしています♪

ハワイアン雑貨

■ 西洋雑貨 >>  ■ ハワイアン雑貨 >>  ■ フランス雑貨 >>  ■ 北欧雑貨 

ハワイアン雑貨のご紹介です。

常夏のハワイといえば、カラフルなアロハシャツや、ハワイアンジュエリーですよね。その中には、幸運をもたらるものや、スピリチュアルな意味を持つものまで様々な種類があります。どれをとっても、美しい色合いはハワイアン雑貨の特徴ではないでしょうか。

ハワイには自然の精霊や神々が住んでいると言われ、ヒーリングの大地からは、計り知れないパワーをもらうことができます。そんなパワー溢れるハワイから生まれた数多くの雑貨はとても人気があります。

ハワイアン雑貨

ハワイアン雑貨といえば、パイナップルやココナッツのような果物などをモチーフにしているカラフルな雑貨が多くあります。ハワイアン雑貨の特徴はそのひとつひとつのモチーフには意味が込められているということです。ホヌと呼ばれるウミガメモチーフの雑貨や、ウルと呼ばれるパンの木、ゲコと呼ばれるトカゲモチーフの雑貨など、これらは全て幸運をもたらしてくれると言われています。

ハワイアンキルト

ハワイアンキルトはハワイの伝統的なキルトのことです。ひと針ひと針、愛情を縫い込み作り上げられたキルトは、母から娘へ、娘から孫娘へと受け継がれる物だそうです。ハワイの土地と文化、作り手のあたたかみを感じることができるキルトは、多くのひとを魅了し続けています。

ハワイアンキルトの特徴は、その技法にあります。一枚の布からデザインを切り取り、アップリケをする技法を用いています。モチーフの周りを幾重にもキルティングしていくことから、エコーキルティングと呼ばれています。これはハワイアンキルト独自のものです。

ハワイアンキルトの始まりには伝説があります。木陰に干してあった白いシーツの上に映る、ゆらゆらと大きくゆれ動くレフアの木の葉の影。それがあまりにも美しかったため、この形を描いて切り取った事から、ハワイアンキルトはうまれたという伝説です。 その伝説のとおり、ハワイアンキルトはまるでハワイのひとつの風景のように思えることがあります。ハワイのようにはっきりとした色と大きなモチーフは目を引きつけます。

伝説にもあるように、ハワイアンキルトはハワイの自然や文化を形にしたものが多くあります。レフアの植物をはじめ、ハイビスカスやプルメリア、アンスリウム、パンの木、パイナップル、カメなどなど、植物や果物、そして海の動物や楽器などのモチーフばかりです。まるでハワイのひと場面を形に したようなものを多く見かけます。きっとそんなハワイアンキルトの魅力が人々に愛され続ける理由のひとつでしょうね。

ハワイアンジュエリー

ハワイアンジュエリーとは、ハワイで100年の伝統を誇るアクセサリーです。その歴史は、ハワイ王朝最期の女王リリウオカラニが19世紀イギリスのヴィクトリア女王へ送ったゴールドのブレスレットにハワイ語の『O'OMANA'O MAU(永遠なる想い)』を刻みプレゼントしたことがハワイアンジュエリーのはじまりと言われています。

ハワイアンジュエリーの正式名称は「ハワイアン・エアルーム・ジュエリー」(先祖伝来の家宝)です。ハワイアンジュエリーは永遠の思い出に残せるジュエリーとして、各家々で親から子へ、子から孫へと、代々受け継がれていく特別な宝物と古くから大事にされてきました。そして、現在では、お祝い事や愛情表現として、ハワイアンジュエリーを贈る習わしがハワイに根付いています。

ハワイアンジュエリーのモチーフには、プルメリアやハイビスカスのお花や神聖な葉であるマイレ・リーフ、シェル(貝殻)そして、ホヌ(ウミガメ)、ドルフィンなどがあります。 ハワイアンジュエリーの特徴は、ふちをデザインに沿ってカットした、スカラップという技法を用いられていることです。黒のエナメルで、文字を浮き彫りにした伝統的なジュエリーは、愛の言葉をつづり結婚指輪としても人気があります。ひとつひとつ熟練した職人によって丁寧に作られるハワイアンジュエリーは、ハワイ王朝の伝統を受け継ぐ素敵なものばかりです。 だからこそ世界中の人々に愛されているのでしょう。

Copyright(c)2008. sundry goods. All rights reserved.